ダニエル・クレイグ、『007 スペクター』は手品のトリックのようなもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダニエル・クレイグがシリーズ最新作『007 スペクター』の脚本における謎が手品のトリックのようなものだと説明した。この新作でジェームズ・ボンド役を再演しているダニエルは脚本についていまだに固く口をつぐんでいるものの、この作品が「少し怖い」ものになると語った。英ITV局の『ロレーン』に出演した際ストーリーについて何か教えてくれるかと尋ねられたダニエルは「こういうのってジョークのようになるよね。色んな人から脚本のことを聞かれて俺は『その質問には答えられないよ』って毎回言っているんだ」「マジシャンが手品をやってみて『仕掛けは教えられないよ』っていうのと同じようなもんさ」「それでちょっと怖い感じになってていいけどね。映画が公開されるまで待っててよ」と答えた。

『007 カジノ・ロワイヤル』『007 慰めの報酬』『007 スカイフォール』とボンド役を演じてきているダニエルは、サム・メンデス監督による前作『スカイフォール』が「007」シリーズにおいて重要な変化を遂げた作品だったと話している。「前作で何が起こったかと言えば、大きな衝撃だよ。サムが参加したことによってあの映画が違う方向性へと向かって行ったんだ」「その前の2作とは違った言語を生み出したとも言えるけど、それでいながらも『ボンド』 に沿ったものだったんだ。でもある種、新しいものなんだよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop