ダニエル・クレイグ、膝の手術を受ける

ダニエル・クレイグが膝の手術を受けていたことがわかった。「007」シリーズの最新作『スペクター』の撮影中に膝を負傷していたダニエルが撮影の休み中にニューヨークで手術を受けていたことを広報担当が発表している。「撮影の休み中にダニエル・クレイグが膝の治療のために膝関節の手術を受けました。4月22日から再びパインウッドスタジオで行われる撮影に参加します」

撮影現場で怪我の問題が起きてしまったものの、同作品のアクションシーンに熱心なことが明白なダニエルについて、ある関係者はデイリー・ミラー紙に対し「『007』の撮影中、ダニエルの体はかなり痛手を受けています。なぜなら彼はアクションシーンに対して全身全霊で投じていますからね」「彼は今回自分が出演しないシーンの撮影中に手術を受けることにしました」「ダニエルは予定通り撮影には復帰する見込みですし、私たちも彼が完全に復活して撮影スケジュールが遅延しないと確信しています」とコメントしていた。

ダニエルにとって4作目となる「007」最新作、サム・メンデス監督の『スペクター』は2015年11月公開予定となっている。

ダニエル・クレイグが膝の手術を受けていたことがわかった。「007」シリーズの最新作『スペクター』の撮影中に膝を負傷していたダニエルが撮影の休み中にニューヨークで手術を受けていたことを広報担当が発表している。「撮影の休み中にダニエル・クレイグが膝の治療のために膝関節の手術を受けました。4月22日から再びパインウッドスタジオで行われる撮影に参加します」

撮影現場で怪我の問題が起きてしまったものの、同作品のアクションシーンに熱心なことが明白なダニエルについて、ある関係者はデイリー・ミラー紙に対し「『007』の撮影中、ダニエルの体はかなり痛手を受けています。なぜなら彼はアクションシーンに対して全身全霊で投じていますからね」「彼は今回自分が出演しないシーンの撮影中に手術を受けることにしました」「ダニエルは予定通り撮影には復帰する見込みですし、私たちも彼が完全に復活して撮影スケジュールが遅延しないと確信しています」とコメントしていた。

ダニエルにとって4作目となる「007」最新作、サム・メンデス監督の『スペクター』は2015年11月公開予定となっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop