ヴィヴィアン・ウエストウッド、豪華ペントハウスのデザインを手掛ける

ヴィヴィアン・ウエストウッドがロサンゼルスにある1泊約300万円にもなるといわれるホテルのペントハウスのデザインを手掛けた。ヴィヴィアンが手掛けたザ・ロンドン・ウェスト・ハリウッドの部屋にはヴィヴィアンのクッション、タペストリー、スカーフなどが飾られているという。ヴィヴィアンの夫であり、共同デザイナーであるアンドレアス・クロンターラーは、今回のプロジェクトについてこう話している。「もともとはそのペントハウスに我々のプリント柄やグラフィックを使って新たな印象を加えたいということで、ザ・ロンドン・ウェスト・ハリウッドから話をもらっていました」「豪華な部屋に我々のブランドのテイストを控えめに加えるために、ラグ、壁の装飾、ソフト・ファニシングを中心に監修しました。インテリアの中で僕たちのデザインが反映されるのを見るのは嬉しいです」

1700万ポンド(約30億円)をかけて行われている同ホテルの改装プロジェクトの一環でデザインを一新したこのペントハウスは、ロサンゼルス最大の広さと言われる1万1000平方フィート(1020平方メートル)を誇り、約300人を収容できるスペースとなっているようだ。 

そんなザ・ロンドン・ウェスト・ハリウッドのペントハウスは来月のオープンを予定している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop