フランク・オーシャン、7月にもニューアルバムをリリースへ

フランク・オーシャンが7月にもニューアルバムと雑誌を発表する。フランクの通算3枚目となるLPと雑誌が同時発売されることになるとフランクの広報担当が認めた。このアルバムのリリースが認められる前には、フランクが重なって置かれた2冊の雑誌を見下ろしている自身の写真をタンブラーに投稿し、アルバムタイトルが『ボーイ・ドント・クライ』になるとほのめかしていた。フランクの公式ウェブサイトにも掲載されたその写真のキャプションには「2つのバージョンがあるんだ。2つのバージョンだよ。イシュー1、アルバム3、2015年7月、ボーイドントクライ」とコメントが添えられていた。 

ビルボード誌によると、そのアルバムにはヒット・ボーイ、ロドニー・ジャーキンス、ハッピー・ペレス、チャーリー・ガンベッダ、ケヴィン・リストロが参加しているようだ。

そんなフランクは2012年にリリースした初のフルアルバム『チャンネル・オレンジ』で高い評価を獲得し、グラミー賞では最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞を受賞した。その後3年間は、ジェイ・Z と『マグナ・カルタ...ホーリー・グレイル』、ビヨンセと『スーパーパワー』、ブライアン・ウィルソンの11作目となるソロアルバム『ノー・ピア・プレッシャー』でコラボを果たすなど活躍の場を広げた。しかし、ブライアンの作品に関しては音楽性の違いを理由に、結局ブライアンの曲は同アルバムに収録されなかった。ウィルソンは以前「そうだな、フランク・オーシャンは歌をやりたくないんだな。ラップをしたかったんだ。だから、フランクをキャンセルしたんだ」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop