ニーナ・ドブレフが『ヴァンパイア・ダイアリーズ』を降板!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニーナ・ドブレフが主演ドラマ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』を降板した。同人気ドラマでエレナ・ギルバート役を演じているニーナだが、第7シーズンではその役を続投しないことになったと発表した。6日(月)にニーナはインスタグラムでそのニュースを発表するとともにキャストやスタッフとすでにお別れパーティーを楽しんだと報告した。「ジョージア州のラニアー湖で『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のキャストとクルーたちと素晴らしい週末を過ごしたところ。それがただの休暇ではなく、お別れ会だったってことを私の口からまずお伝えしたかったの」「エレナの話は6シーズン仕立てにしたいとずっと思っていたし、この6年間で私は生涯の思い出となる旅をしてきたわ」「私は人間であり、ヴァンパイアであり、ドッペルゲンガーでもあり、不死の存在であり、人間のふりをしたドッペルゲンガーでもあり、ドッペルゲンガーのふりをした人間でもあった。誘拐もされたし、殺されもして、でも生き返って、拷問にもあったし、呪いもかけられた、体も奪われたし、死んでいたり死んでいなかったりもした。それに5月のシーズン最終回までにもまだまだ色んなことが起こるわ」

共演者のイアン・サマーホルダーと2013年5月までの3年間に渡って交際していたこともあるニーナは、同番組の「情熱的な」ファンに感謝するとともに第6シーズンが見応えのあるものになると約束している。「7年前に私がカナダからロサンゼルスに『テレビ版トワイライト』のオーディションに来たただの『デグラッシ』の出演者の女の子だった頃には想像することも出来ないくらいの愛情と応援、情熱を傾けてくれたファンのみんな、愛しているわ。シートベルトをしっかり締めてね。何が起こるか予想できると思っていても出来ないものよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop