ボブ・ゲドルフ、自宅が泥棒に入られる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボブ・ゲドルフは娘ピーチーズの1周忌を迎えようとしていたこの時期に自宅に泥棒に入られたようだ。イングランド南西部ケント州フェヴァシャムのダヴィントン・プライオリーにある自宅がピーチーズの1周忌の3日前に泥棒に入られ、母屋からの盗難被害は回避できたものの、庭の納屋からいくつかの物品が盗まれたようだ。警察当局はザ・サン紙に「ケント警察は4月4日土曜日午後9時10分にフェヴァシャムの納屋に泥棒が入ったと通報を受けました」「プライオリー・ロードの住居にある納屋からチェーンソー、芝刈り機、マルチツールが盗まれたと報告を受けています」「ケント警察の住居侵入窃盗担当班が捜査と聞き込みをしている状況です」とコメントしている。

泥棒が入った際にボブが自宅に居合わせていたかは明らかになっていないが、ピーチーズの1周忌を迎えるこの時期をピーチージの夫トーマス・コーエンや息子たちを含む家族と過ごしているとみられていた。

ある近隣住民は「ボブがいたかどうかは分かりません。ですが、週末のある時点でいたことは確かです」「どんな時期に起こったとしても残念なことですが、娘の死の1周忌でしたので、より大変だったでしょう」「今日は彼らを見かけていませんし、追悼のためにケントで何かをしたとは聞いていないです」「今ここに居るのは、おそらく損害を確かめるための何人かの庭師と建築業者だけですね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop