アレック・ボールドウィンの娘アイルランドがリハビリ施設入り!

アレック・ボールドウィンと元妻キム・ベイシンガーの娘でモデルとして活躍中のアイルランド・ボールドウィン(19)がリハビリ施設に入所したという。アイルランドは13日(月)、中毒のきっかけとなる精神的な問題点に取り組むことで知られるマリブにある薬物やアルコール中毒者のための施設ソバ・リカバリーセンターに入所したとツイッターで発表した。「ちょっと離れるためにソバに2週間滞在することにしたわ」「私は大のパーティー好きってわけじゃないけど、ここで感情的なトラウマに取り組んで、回復に必要な集中的なセラピーを受けるつもりよ。いつかその話をする心の準備が出来る日が来るはずよ...」「今感じているような気持ちがせずにオープンに言える日がね。でも今は一息入れることが必要なの。自分を見つめて全て必要なことをするような機会が必要なだけなの」「これまで経験してきた全てのことを乗り越えて、手の届かないところにしまいこんでいた全ての痛みを取り除く必要があるのよ」

アイルランドは「ノンストップのパーティー生活を理由に」母キムが薬物中毒治療のために施設入りさせたという報道が出たことから、自ら発表することに決めたようだ。アイルランドは「『激しいパーティー』ですって、ハハハ」「どうやら私は強烈なパーティー三昧の生活のためにリハビリ施設入りしているそうだから、しばらくは大人しくしてフローズンヨーグルトでも食べているわ」とその報道をからかったコメントを綴っている。

アイルランドは両親の離婚の泥沼争いの中育ったことで治療が必要になったようで、アイルランドの親しい友人の1人はニューヨーク・ポスト紙のページ・シックス欄に「アイルランドは自分から治療施設に入ったんです。家族や友人たちは全面的に応援しています。これは薬物関連が理由ではありません。最近はずいぶんストレスの多い時期でしたので、この治療で今後前向きに生きていくのに必要なものを与えてくれることを期待しています」と話している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop