チャニング・テイタム、ミュージカル版『マジック・マイク』はまだ計画中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チャニング・テイタムが『マジック・マイク』のミュージカル版がまだ計画中であることを明かした。男性ストリッパーたちを題材にした2012年作『マジック・マイク』の待望の続編となる『マジック・マイクXXL』が今年7月に公開予定となっているが、ファンが気になっていたミュージカル版の可能性はまだ消えていないようだ。チャニングはエンターテイメント・ウィークリー誌に対し「ミュージカル版に関しては進めているとこだよ。ただおかしなことに続編の方がよりミュージカル向きなんだよね。僕らの最初のアイデアは『どうマイクがこの世界でうまくやっていくか』というような前篇的なものだったんだけどね」とコメントしている。

さらに第2弾作品が上手くいけば第3弾作品も製作されるのかという問いに対しては、もしそうなるならば再び主役を演じるつもりだと答えている。続編第2弾の可能性について尋ねられたチャニングは「まだ分からないな。とっても楽しい撮影だったから『はい』って言うことが出来たらなあとは思うんだけど。ないとは言わないけどね。でももしやるとしたら、1作目と2作目はすごく違う作品だから、たぶんまた違う作品にしようと努力するだろうね」とコメントした。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop