リタ・ウィルソン、乳がんで両乳房摘出手術を受ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リタ・ウィルソン(58)が乳がんと診断されたことを受けて両乳房摘出手術を受けていたことが分かった。トム・ハンクスを夫に持つリタは浸潤性小葉がんと診断されたあと先週、両乳房を摘出手術とともに再建形成外科手術を受けたという。

リタはピープル誌に発表した声明文の中で、手術を行ってくれた医師団と乳がんと宣告され手術を受けるに至るまで揺るぎないサポートを行ってくれたトムに称賛を送っている。「先週、私の夫がそばにいる中、家族や友人たちの愛とサポートを受け、乳がんを宣告されたたために両乳房摘出手術と再建形成外科手術を受けました。現在は回復に向かっていて、最も重要なことに完全回復が見込まれています」「なぜかって?私は早い段階で素晴らしい医師たちに巡り合ってさらにセカンドオピニオンを得ることが出来たからです。私は上皮内小葉がんの基礎疾患を持っていました。乳房X線と乳房のMRI検診を1年間注意深く受けていていました。そして最近2回、乳房生検をうけたところ、多形性上皮内がんが見つかったのです。1回目の検査の時、がんではないと判断されて安心していました。ですが、以前乳がんを患った友人にセカンドオピニオンを求めるよう勧められ、私もそうすべきだと感じました。すると別の病理学者は私の浸潤性小葉がんを発見したのです。また別の病理学者もそのがんという診断結果を確認しました。健康面ではセカンドオピニオンを求めることが大切であることをみなさんと共有したいと思います。もし2つの意見が良い意味で同じでも何も失うことはありませんし、見落としていたものが見つかった場合はかけがえのないことですから」

早期発見が乳がんに打ち勝つための重要なポイントであると考えるリタは、多くの女性達に乳がんの検診を受けることを促すことができればと今回自身の体験を公表することに決めたのだという。「愛する献身的な夫、家族、友人たち、そして医師たちに恵まれ、私は本当に幸運だと思いますし、乳がんと再建形成外科における最先端技術の恩恵を得ることが出来ました。日々良くなってきていますし、再び健康な体になることを楽しみにしています」「私のこの経験がたくさんの人にセカンドオピニオンを仰ぐことや、『何か違う気がする』といった本能的な自身の感情を信じることのきっかけになれば幸いです」

最近ではアンジェリーナ・ジョリーが乳がんと卵巣がんを発症する可能性が高いBRCA1 と呼ばれるがん遺伝子があると診断されたことで両乳房切除手術と卵巣摘出手術を行っている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop