ライアン・レイノルズのひき逃げ容疑者が逮捕

ライアン・レイノルズをひき逃げしたとされるカメラマンが逮捕された。この52歳のパパラッチは12日(日)、カナダのバンクーバー内で警察によって逮捕され、10日(金)にシャングリ・ラ・ホテルの駐車場内でライアンと口論になった後に車でひき逃げしたとされる一件について脅迫の罪に問われている。バンクーバー警察のブライアン・モンターグ巡査は、このカメラマンとライアンをはじめとした数々の目撃者に話を聞いた結果、この男性を拘留することが「最善の選択」だと判断されたと説明している。

このひき逃げ事件は同市内で新作『デッドプール』の撮影中のライアンが、ホテルの滞在客専用の区画にそのパパラッチが侵入していたことを非難したことがきっかけで起こったと言われている。この加害者とみられる男性はすでに釈放されているものの、今月28日に出廷する予定となっている。男性への容疑についてモンターグ巡査はPEOPLE.comに「この(脅迫の)容疑はカナダで頻繁に使われるものではあありません。今考えられるだけでは、他に使われた時を思い出せないくらいです」「自宅アパートに誰かが待ち伏せしていた時のような場合に使われるのです。自宅や仕事場に誰かが待ち伏せしていて、そこから発生するもめ事などを指します」と説明している。

今回の一件でライアンに幸いケガはなかったものの、パパラッチの男性が有罪となった場合、最高で5年間の服役刑を科されることになるという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop