シュグ・ナイト、殺人に関する審問開催へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シュグ・ナイトが殺人に関する審問を受けることになった。今年1月に2人の男性をひき逃げし、結果テリー・カーターが死亡した事件で、シュグに対する殺人未遂、殺人についての審問が開かれることが16日(木)に決定した。ロナルド・コーエン最高裁判事はラッパーのクレ・'ボーン'・スローンからの法廷での証言を受け、シュグに対する審問をする決断を下したとアソシエイティッド・プレスが報じている。

事件が起こる原因となった出来事を思い出しながら、クレはシュグと殴り合いの喧嘩に発展したものの、それを「告げ口」する立場にはなりたくなかったと法廷で証言したとみられている。

事前に警察に対し作成したクレの口述記録では、問題の事件の前に何が起こったかについての詳細が語られており、その内容は検事側の命令により法廷でも流されたという。

検事側がシュグは意図的にカーターらを車でひいたと主張する一方でシュグの弁護人マット・フレッチャー氏はシュグがカーターらを車でひいた際にクレからの攻撃から逃げようとしていただけだと真っ向からそれに対抗している。

ジュグがこれらの罪で有罪判決を受ければ、終身刑を科せられる可能性もある。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop