クリス・ヘムズワース、自身の子供のせいで飛行機を追い出されそうになっていた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリス・ヘムズワースは自身の子供が病気だったことで長距離フライトから追い出されそうになったという。スペイン出身女優の妻エルサ・パタキーとの間に3歳の娘と2歳の双子の3児を持つクリスだが、最近のシドニーからロンドンへのフライト中、子供たちのひどいかんしゃくにより他の乗客に迷惑をかけたと明かしている。「この前、オーストラリアからロンドンへ飛んだんだけど、ドア・トゥ・ドアだと30時間位かかるんだよ。地獄の旅みたいなもんだよね」「子供たちはみんな具合が悪くて、順番に叫びまくってたんだ。まさに1人がやったら『私は終わったけど、次やる?』って次の子を見て『そうだね。ワァーーーー!』ってな感じでさ。客室全体が俺たちを追いだしたかっただろうね」

その状況については何もできなかった様子のクリスだが、周囲の人間ももっと理解を示すべきだと『エレンの部屋』で語っている。「人が何を求めているのか分からないよ。スーツケースにでも入れとけって言うのか?」

そんな子供とのエピソードがある一方で、娘がスペイン語と英語の2か国語を流暢を話せることを誇りに思っているそうだが、そのおかげで娘を理解できないことがたまにあると説明した。「うちの娘はバイリンガルなんだ。ほんとすごいよ。だって部屋に入ってスペイン語が母国語じゃない人がいたら、スペイン語なんて一言もはなさずに英語を話しだすんだ。俺の母親とか誰かがスペイン語を話そうとすると『ダメね。ひどいわ。その言語を台無しにしているもの』って感じなんだ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop