ベン・アフレックのドキュメンタリー番組を巡るEメールが流出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベン・アフレックがドキュメンタリー番組の中から先祖に奴隷を所有していた人物がいたことを削除するよう要請していたことが分かった。祖先ルーツを辿る米TV放送局PBSのドキュメンタリー番組『ファインディング・ユア・ルーツ』の編集規則違反にあたるにも関わらず、ベンは自身の先祖が奴隷を所有していた事実を放送しないよう同番組のプロデューサーたちを説得していたというのだ。

流出したEメールの中ではソニー・ピクチャーズの最高責任者マイケル・リントンが同番組司会者であるヘンリー・ルイス・ゲイツ・Jrに対し「誰もこの事実を知らないなら、私ならカットするでしょう」とコメントしており、ゲイツはこれに対し「もし私たちがこのようなことを一度でもしてしまったら、番組の誠実さが失われてしまいます」と返信していた。

さらにその後のEメールの中でゲイツは「ここだけの話ですが私たちのゲストが、先祖が奴隷を所有していたという事実を削除してほしいと申請してきたのは初めての事です」「今シーズン出演するドキュメンタリー映画監督ケン・バーンズを含むゲストたち4~5人の祖先が奴隷の所有者でした」「今までに私たちが発見したこの事実を検閲したり編集したりしようとする人はいませんでした。しかしベンは大物俳優です。私たちはどうするべきでしょうか?」と綴られていた。

最終的にベンのドキュメンタリー番組で祖先が奴隷の所有者だったという内容は放送されることはなかったが、長年の友人であるマット・デイモンが遠い親戚であることなどが明かされていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop