ブラッド・ピットとアンジェリーナジョリー、新たな養子受け入れ?

ブラッド・ピット(51)とアンジェリーナジョリー(39)が新たな養子受け入れを考えていると報じられている。実子と養子を含めてすでに6人の子どもを持つ2人だが、秋前には新しい養子を迎えようと計画しているという。

最近卵巣手術を受けたアンジェリーナとブラッドは、アンジェリーナが戦争紛争地帯であるシリアで苦しむ幼い子ども達の姿に直面して心を痛めたことからシリア出身の女の子を養子として引き取ることに決めたとある関係者がザ・エクスプレス紙に語っている。「シリアの紛争地帯で悲惨な孤児たちの状況を幾度となく目の当たりにして、アンジェリーナは心をとても痛めていました」「自身の健康問題を解決した彼女は今、ブラッドともに同地から新たに養子を迎える時だと考えているようで、どうやら女の子の可能性が高そうです」

UNHCR特使でもあるアンジェリーナとブラッドは今年、比較的スケジュールに余裕があることから、できるだけ早く養子縁組の手続きを進めていきたいと考えているようで、前述の関係者は「2015年の2人のスケジュールは比較的余裕があるため、今年の夏後半までには新たな養子を迎え入れたいと2人は考えています」「健康に問題のない状態で今年6月、40歳を迎えられることをアンジェリーナは嬉しく思っているようですが、夕食の席で新たな子どもの顔を見ることは彼女をもっと幸せな気分にすることでしょう」と明かしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop