『ワイルド・スピード SKY MISSION』、映画史上最速で興行収入1000億円突破!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ワイルド・スピード SKY MISSION』が映画史上最速で興行収入10億ドル(約1190億円)を突破した。大人気シリーズで主演を務めてきた故ポール・ウォーカーの出演最終作となったこのジェームズ・ワン監督作は、なんと公開からわずか17日間で映画業界における新たな記録を作り上げた。映画の興行収入などを分析するウェブサイト、ボックス・オフィス・モジョによると、同作品は『アビエイター』『タイタニック』と並び10億ドルを達成した史上3作目となったという。

先日出演者であるヴィン・ディーゼルは同作が来年度のアカデミー賞最優秀作品賞を勝ち取るだろうと語っており「ユニバーサルは映画界の歴史上最もヒットした作品をもつことになるだろうね」「アカデミー賞が適切な審査を行うとしたら、この作品は最優秀作品賞を受賞すると思うよ」とコメントしていた。

さらに、ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲスらが出演した『ワイルド・スピード SKY MISSION』の勢いに匹敵する映画は作られることはないだろうとも話している。「この作品が最優秀作品賞を受賞するんだ。この映画のパワーに追いつける作品は出てこないだろうね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop