エド・シーラン、スポティファイで20億回再生を突破

エド・シーランの曲がスポティファイで20億回再生の記録をたたきだした。過去に米ラッパーのエミネムがこの記録を出しただけとなっていることから、エドはこの快挙を成し遂げた初の英国人アーティストというだけでなく、スポティファイ史上2人目のアーティストとなった。

スポティファイの欧州ラベル・リレイションズ代表のケヴィン・ブラウン氏は「20億回の再生回数を越えたということは、エド・シーランが6000万人の音楽ファンの中で大きな人気を博していることを示している証拠だといえます。エドは、まさにスポティファイで世界中から最も愛されているアーティストの1人であり、エドがこの節目を迎えたことを嬉しく思います」「エドとアトランティック社はアルバム『x』の発表戦略において、スポティファイというプラットフォームの力を認めています。そのことが、できるだけ幅広い人々と結びつけるスポティファイでのアルバム発表に華々しい成功をもたらしました。それは、約1年後でもとても人気があり、いまだに新たなファンを獲得していることは、このアルバムの質とエドのアーティストとして魅力を証明しています」と話す。

さらに、アトランティック・レコーズUKのマーク・ミッシェル部長は「エドは20億回のストリーム再生をたった2つのアルバムで達成しました。それは、彼の音楽が時代を超えていることを示すだけでなく、ファンが続々と増え続けていることや、いろいろな場面でどのように良質の音楽が成功するかという例を示しています」

さらに、オーストラリアでギターとループ・ペダルだけを持って11月28日にブリスベンのサンコープ・スタジアム、12月2日にNIBスタジアムで公演を行うことを発表しているエドは、ソロ・アーティストとしてオーストラリアのスタジアムで公演を行う初のアーティストにもなる予定だ。エドは「ループ・ペダルはクラブ・サーキット以外でよく使われているけど、スタジアムではまだ使われたことがないと思うんだ。これが話題になる独自のセールスポイントだね。だから、そうし続けようと思っているし、もっと冒険してみようと思っているよ」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop