ミラ・クニス、ニワトリ泥棒で訴えられる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミラ・クニスが幼少期の友人にニワトリ泥棒として訴えられている。ウクライナで小学校1年生だった頃ミラと大の仲良しだったというクリスティーナ・カロは、当時自身が飼っていたペットのニワトリ、ドギーが行方不明になったのはミラに責任があるとして訴訟を起こしているのだ。

TMZによると、クリスティーナが愛犬のようにかわいがっていたそのニワトリをミラもとても気に入っており、そのニワトリと遊ぶためにクリスティーナの家に遊びに来ていたというが、ニワトリが突然姿を消してしまった時にはミラがそのニワトリを盗んだことを告白し、クリスティーナに対して「クリスティーナ、他のどんなニワトリでもあなたのペットとして持つことが出来るじゃない、だってあなたはニワトリ農場を持っているんだから」と言ったという。

クリスティーナはドギーを失ったことで精神に支障をきたしたためセラピーを要する状態に陥ったとしており、歌手を目指すべくロサンゼルスに移住した際には、ミラが近くにいるということで再びその記憶がよみがえり、さらなる治療が必要になったと訴えている。

クリスティーナはミラのこうした行動が自身のアメリカでつかもうとしていた夢を妨害したとして、5000ドル(約60万円)のセラピーの治療費および精神的損害を求めているという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop