ソーヤー・スウィーテンが19歳で死去、拳銃自殺か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『HEY!レイモンド』で知られるソーヤー・スウィーテンが19歳で亡くなった。双子の兄弟サリバンと共に同番組でジェフリー&マイケル・バローネ役を演じていたソーヤーは、テキサスの自宅で拳銃自殺を図ったと報じられている。

同番組に姉アリー役で出演していた実姉マデリンは家族のプライバシーの尊重を求めると共に、人々に向け愛する人に連絡を取るよう声明文の中で呼びかけている。「今朝、家族にとって悲劇的な出来事が起きてしまいました。愛する兄弟、息子、友人であったソーヤー・スウィーテンが自らの命を絶ったことを皆さんにお知らせするのがとても辛いです。彼は20歳のお誕生日まであと数週間でした」「悲しみに暮れる中、皆さんには私たち家族のプライバシーを尊重していただくことをお願い申し上げるとともに、みなさんの大切な人に連絡を取ってもらいたいと願っています」

2005年に終了した同番組の共演者たちが続々とソーヤーに向けて弔いの言葉を贈る中、祖母役マリー・バローネを演じたドリス・ロバーツは自身のフェイスブックに「『HEY!レイモンド』で私の孫息子ジェフリー・バロンを演じたソーヤー・スウィーテンがテキサスの実家で亡くなったというニュースを聞いて悲しみに暮れています」「彼はとても優しい男の子でこれから彼に会えなくなることを寂しく思います。あなたの愛する人があなたがどれだけ彼らのことを想っているのか知ってもらうようにしてください。そしてもししばらくの間連絡を取っていないのであれば連絡を取るようにしてください。連絡を取り合うことはとても大切なことなのです」と投稿していた。

また母親役を演じたパトリシア・ヒートンも「ソーヤー・スウィーテンはとても面白くて非常に賢い子でした。逝ってしまうには早すぎます」とコメントしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop