ジョン・レジェンド、テキサスの刑務所を訪問

ジョン・レジェンドが自身の展開する「フリー・アメリカ」キャンペーンの一環として今月16日にテキサスの刑務所を訪れたようだ。ジョンは上院会議場での記者会見を経て、トラヴィス・カウンティー・コレクショナル・コンプレックスで数曲を披露したという。記者会見の場でジョンは、政府に対して現在の更生システムの改革を訴えた。「すべてのテキサス州民がより良い司法制度を与えられるに値します。よくテキサスでは全てが大きめだと言いますが、残念ながらそれは更生制度にも言えることなのです」「テキサスはあまりにも多くの人に服役刑を課すため、納税者やその家族、地域がその制度のために多額を支払うことになるのです」

またジョンは大量の投獄措置を終わらせることが、アメリカ国内におけるより大きな問題解決につながることを願っているようで、以前には「この国では投獄における深刻な問題を抱えているんだ。そのことは家族やコミュニティを破壊しているよ。この国は世界で最も投獄数の多い国なんだ。でもそこを掘り下げてなぜそうなったのかについて考えるべきなんだよ」「地域社会としての僕らは貧困や精神的な問題に取り組むために政治的、法制上、文化的なある一定の選択をしていて、それがたいていは投獄を使用したものなんだ」と語っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop