12歳の少年が排水溝にはまる事件が発生!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

排水溝に落ちた際に足が挟まり、動けなくなってしまった少年がいたという。英ケンブリッジシャーのピーターバラに住むこの12歳の少年が動けなくなっているのを目撃した女性が通報をしたことで、救助隊が出動するに至ったそうだ。

通報した女性は「子供が下水に落ちて動けなくなってしまったんです」「工事が行われていたので、排水管の蓋はゆるんでいて、鉄製ではなくプラスチック製の仮のものだったんです」「子供の頭も見えませんでした。下水は恐らく2メートル40センチほどの深さがあったと思います」と説明している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop