『オズボーンズ』のリブート企画が中止

リアリティ番組『オズボーンズ』のリブート企画が中止になったようだ。オジー・オズボーンとその妻シャロン、そしてケリー、ジャックという子供たちを描いた2002年から2005年までMTVで放送された同番組は、番組終了から10年経った今、一家にどのような変化があったかをテーマに年内にもVH1局で放送予定となっていた。しかし同局のオリジナル番組製作を担当するスーザン・レヴィソン氏は、オズボーンズ一家は乗り気であるものの、企画が流れてしまったことをザ・ハリウッド・リポーターに明かした。「オズボーンズ一家とはもうシリーズ製作の話をしていません。その話はなくなりました」「実現できれば良かったのですが、ただ弊社にとって上手く話がまとまらなかったのです。一家はとても素晴らしいですし、これからのご活躍をお祈りします。将来的にはいつか一緒にお仕事をする機会を持てたらと思っています」

昨年11月にこのリブート番組の製作を発表した際、シャロンはオジーがシラフになってからの自分を見せたいと思っていると明かしていた。当時シャロンは「オジーは『オズボーンズ』をあと8話くらいやりたいと思ったの」「最初に私たちが番組に登場してからもう13年も経つわ」「でも彼はそのうちの3年間はいつも酔っぱらっていたから、シラフで臨みたいのよ」と語っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop