ジャスティン・ビーバー、伊警察から事情聴取を受ける!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャスティン・ビーバーが29日(水)、イタリアで事情聴取を受けたようだ。昨年数々の警察沙汰を巻き起こしたものの、過去の過ちを反省し、更正に向けて進んでいると最近強調していたジャスティンだが、今回ローマにある5つ星ホテル内で2013年にアルゼンチンで起きた自身のボディガードと地元のパパラッチとの間に起こった事件について事情聴取を受けたようだ。

しかし、ある関係者はE!ニュースに「ジャスティンは聴取されていましたが、見たかんじよりそれほど深刻なものではありませんでしたよ。ジャスティンはまだローマにいて、楽しんでいます」と話す。ジャスティンは『ズーランダー2』のカメオ出演としての撮影のため、イタリアに滞在している。

一方、イタリア入国の際にも税関で2重の審査を受けたというジャスティンは、自身のボディガードが2年前にパパラッチのブエノスアイレスでディエゴ・ペンソアに暴行を加えた件においてその指示をした疑いをかけられていたが、それに対応しなかったために遂に逮捕状がでていた。別の関係者はこの件について警察が質問を行ったとTMZ.comに話しただけでなく、ジャスティンが国際刑事警察機構のリストに載っていると主張している。

さらに、新たな情報筋は、警察は群集のコントロールを懸念したために、ジャスティンのボディガードに警備についての話をしにきただけだとも話している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop