神の大使を名乗る人物が全ての同性愛者を訴える!?

自身を「神とその息子イエス・キリストの大使」と名乗る女性が全ての同性愛者を訴えているようだ。この66歳の女性は先日、米ネブラスカのオマハ地方裁判所に全ての同性愛者に対する訴えを提出したという。そこには「私、シルヴィア・アン・ドリスケルは原告である神とその息子イエス・キリストの大使であり、同性愛の問題を法廷で取り上げていただくよう申し立てます。同性愛が罪であるかそうでないかについてです」と記載されているという。

手書き7ページに渡って書かれた『シルヴィア・アン・ドリスケル対同性愛者』とタイトルが付けられたその書面には、聖書からの引用や辞書の定義などが用いられているそうだ。それに対して法廷の広報側は「召喚は予定されていません」とコメントしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop