ハリー・スタイルズとルイ・トムリンソンの仲が険悪に?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズとルイ・トムリンソンの関係が険悪になってきているという。ルイが元メンバーのゼイン・マリクとツイッターで喧嘩をしていることを受け、ハリーがルイに冷たい態度を取り出したようだ。ハリーはゼインとそのプロデューサーであるノーティ・ボーイに対するルイの批判が1Dのイメージを台無しにしたと考えており、そのことでハリーとルイに険悪なムードが漂っているという。ある関係者は「ハリーは1Dのイメージというものを十分に理解していますし、公に小競り合いをするのが嫌なんです。まして他のメンバーと何てもってのほかなんですよ」「ルイとの関係はここのところ険悪になってきていましたが、ここ2週間ほどの出来事はさらに拍車をかけています」と語った。

しかしながら同グループの内部関係者はハリーとルイがそのもめごとを忘れて、1Dのニューアルバムに向けてリアム・ペインとナイル・ホーランと共に取り掛かっているところだとザ・サン紙に話している。「ハリーとルイはロサンゼルスで1Dの新作アルバムに向けて一緒にスタジオ入りしています。2人は大丈夫ですよ」

ことの発端はルイがゼインとそのソロデビュー作を手がけているノーティ・ボーイがスタジオにいる写真とともに「12歳の時にマックの写真加工がクールだと思っていたことを覚えてる?今でもそう思ってるやつがいるんだな!ハハハ!」と投稿したことでノーティとの口論に発展したことにあり、6日(水)にゼインがルイに対して「ルイ・トムリンソン、自分の人生ってものがあったことを思い出して、俺の生活にくだらないコメントをするのは止めろ」とツイートしたことでルイとゼインの関係も悪化していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop