ワン・ダイレクション、4人組として初めて式典に登場へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワン・ダイレクションがゼイン・マリク脱退後、初めて4人組として今月式典に参加する予定だ。今月17日(日)に開催される2015ビルボード・ミュージック・アワードにてナイル・ホーラン、ハリー・スタイルズ、リアム・ペイン、ルイ・トムリンソンの4人が3月にゼインが脱退して以来1Dにとって初めてレッドカーペットに登場し、プレゼンターを務めることがわかった。1Dは最優秀アーティスト、最優秀デュオ/グループを含む4部門にわたってノミネートされている。

ラヴァーン・コックス、セリーヌ・ディオン、リタ・オラ、リュダクリス、クリッシー・テイゲンらがラスベガスのMGM・グランド・ガーデン・アリーナに集結する同式典では、エド・シーラン、ニック・ジョナスとケリー・クラークソンをはじめとするアーティストがパフォーマンスを行うほか、さらにはブリトニー・スピアーズとイギー・アゼリアの新曲『プリティ・ガールズ』を披露するという。 

そんな1Dは、ルイがゼインをネット上で批判したことから、ハリーとルイとの仲が険悪になっていると伝えられていた。最近ある関係者はザ・サン紙に「ハリーは1Dのイメージというものを十分に理解していますし、公に小競り合いをするのが嫌なんです。まして他のメンバーと何てもってのほかなんですよ」「ルイとの関係はここのところ険悪になってきていましたが、ここ2週間ほどの出来事はさらに拍車をかけています」と語っていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop