ナタリー・ポートマン、ジョニー・デップの娘と共演?

ナタリー・ポートマンが新作『プラネタリウム』で降霊術者を演じることになりそうだ。1930年代を舞台にしたこのレベッカ・ズロトヴスキ監督作には、ジョニー・デップの娘リリー・ローズも出演する方向だとバラエティ誌は報じている。ナタリーがフランス映画に出演するのは1994年のヒット作『レオン』以来となり、この新作に向けた役作りのためにフランス語を磨き上げているところだと言われている。

この作品はゴーストと交流できる能力を持った2人の姉妹を中心にストーリーが展開され、姉妹がパリに滞在中、1920年から30年代の映画界で多大な影響力を持ちながらもナチスの強制収容所で殺害されたユダヤ人プロデューサー、バーナード・ナタンを元にしたキャラクターのフランス人プロデューサーに出会うところから始まるようだ。

『プラネタリウム』は来年5月公開を予定している。

そんなナタリーは先日、新作『ザ・ベイシス・オブ・セックス』で実在したアメリカの最高裁判事ルース・バッダー・ギンズバーグ役として熱望されていると報じられていたところで、同作に向けては『ダイアリー・オブ・ティーンエイジ・ガール』のマリエル・ヘラー監督が交渉中を進めているところだという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop