スティーヴン・タイラー、来月にもカントリー調のシングルをリリースへ

エアロスミスのスティーヴン・タイラーが来月にもカントリー調のシングルをリリースすることになった。今年からナッシュビルに居を構えているスティーヴンは、何人かの有名ソングライターらとタッグを組み、今までのジャンルとは異なるシングル曲『ラブ・イズ・ユア・ネーム』を完成させたようだ。

今秋にリリースを予定するデビューソロアルバムからの先行シングルとなる同曲についてスティーヴンはこう説明する。「テネシー州へ向かって、スタジオでの最初の日にレコーディングをした曲が最初シングル曲になったんだ。『ラブ・イズ・ユア・ネーム』(愛とはあなたのこと)という存在がいるとすれば、俺のナッシュビルの新恋人のことだな。これを人はビギナーズラックっていうのさ」

テイラー・スウィフト、ジャスティン・ビーバー、ザ・キラーズらがレコーディングをしたことのあるブラックバード・スタジオで、プロデューサーのダン・ハフと制作にあたったようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop