ロビー・ウィリアムス夫妻がセクハラで訴えられる

ロビー・ウィリアムス夫妻がセクハラで訴えられている。 1月に資金難のために解雇されたロビーの元アシスタントであるギレス・デ・ボンフィルスは、自身の性生活についての質問を受けたなどとロビーの妻アイーダ・フィールド(35)に対する様々な申し立てをしているようだ。TMZによると、ボンフィルス氏はロビーとの間に2人の子供を持つアイーダが「さまざまな露出度で衣服を脱いだ状態で」歩きまわり、体についての質問やコメントを要求したり、ロビーとの性生活について話したとも主張しているという。 

提出された法的書類上にはロビーも被告人の欄に名前が入っているものの、ロビーに対するセクハラの主張はみられないようだ。

この件に関し、夫妻はまだコメントを出していない。

そんな中、夫妻はロンドンにある自宅改装の計画案を巡ってレッド・ツェッペリンのギターリストであるジミー・ペイジとも争っている真っ最中でもある。ジミーは床の高さを低くする、より大きな部屋にする項目が含まれたロビーの改装計画に対し、最近3度目の異議を唱えている。ロビーとアイーダの2人はジミーからの反対を受け、内容を変更した提案書を再度出したが、ジミーは自宅に取り付けられた非常に繊細な装備に悪い影響が出る可能性がある作業からの振動があると主張した。さらに、「建設上、非常に嘆かわしい」としてジミーは車庫の変更プランについても異議を唱えている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop