ジェイミー・フォックス、ハリウッドでの交際の難しさを嘆く

ジェイミー・フォックスはハリウッドで誰かと付き合うことがとても困難に感じているようだ。昨年からケイティ・ホームズと交際の噂が囁かれるジェイミーだが、E!ニュースに自身がシングルであると宣言した。「ジェームス・ブラウンはどうやって表現してたっけ?俺は『シングルで付き合う気マンマン』ってやつだよ」「恋愛っていうのはどこにいても難しいもんだけど、ここハリウッドでは本当に難しいんだ。でも俺は長年ここにいるから、より好みしているような感じなんだよ」

以前の交際相手との間に21歳と5歳の娘を持つジェイミーは、上の娘が自分に腰を落ち着けることを求めているそうで、新曲「『アイム・サポーズド・トゥ・ビー・イン・ラブ』がそんな娘との会話から生まれたものだと明かしている。「うちの娘なんて『パパ、いつになるの?いつになったら落ち着くの?』って感じなんだ。それでこの歌が出来たわけさ。今誰かと恋をしているはずなのに、自分の生活を見てみると違うから、すごく共感するんだよ。それにほかのアルバムではあまり使ってこなかったピアノを取り入れているんだ。だから新鮮な雰囲気になっているよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop