「007」最新作、撮影による騒音で近隣住民から苦情殺到!?

ロンドンで「007」シリーズ最新作『スペクター』のヘリコプターとスピードボートでのチェイスシーンを撮影中、テムズ川付近の住民から怒りを買ったようだ。18日(月)の晩、ヘリコプターが真夜中まで住宅の上を飛び回っていたことで、近くに住む住民たちは眠れなかったのだという。「007」最新作が撮影されていることで「すごくクール」だというツイッターユーザーもいる中、ヘリコプターが自宅の上を深夜まで飛び回っていた騒音を迷惑に感じた人の方が多かったようで「ものすごくうるさいジェームズ・ボンドのヘリコプターがうちの上を飛んでいるよ」というツイートや、「新しいボンド映画が出来るのはすごくクールだよ...でもそれが自分ちの上をヘリコプターが飛び回っているっていうことになるならそうでもない」というツイートなどが寄せられていた。

そんな中、近くにいるユーザーを検出する機能のついた出会い系アプリ、ハプンに撮影スタッフらが突然現れたことに驚いた女性もいたようだ。その女性はニューヨーク・ポスト紙に「出てきた人たちはみんなスタントマンだったり、カメラマンだったり、水中カメラマンだったり特殊効果デザイナーだったりしたんですよ」と明かしている。

このスピードボートでのチェイスシーンでは主演のダニエル・クレイグと共演者のレア・セドゥが、ビッグ・ベンなどロンドンの観光名所を通過している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop