リタ・オラとエド・シーランとコラボ

リタ・オラがエド・シーランとレコーディングをしたという。リタは親友ながらもロマンチックな感情をお互いに持ったことのない2人を歌った楽曲のためにエドとスタジオ入りしたことを明かした。「私はエドと私たちの友情を歌ったすごく素敵な曲を作ったの。彼は私の親友の1人よ。この業界で違う性別ながらもつるめる友達がいるっていうのは素晴らしいことだわ。彼は本当にすごい人よ。色んな意味で尊敬するわ」

リタは2012年発表のデビューアルバム『オラ』以来となるセカンドアルバムにこの楽曲が収録されることになるかは明かしていないものの、ニューシングルは『ポイズン』というタイトルであることを最近明かしていた。

元恋人カルヴィン・ハリスがリタのニューアルバムのために提供した楽曲を撤退させたことから数か月の遅れが出ているこのタイトル未定の新作で、リタは自身の経験から影響を受けて大胆な内容も書いていることから、世間を驚かすことになるかもしれないとエンターテインメントサイトのノイジーで語っている。「私と一緒に作曲活動をしている人達は、私が大胆なことを書いているのを目にしているけど、みんなその時がきたってことを分かっているの。共有する時が来たの。世間が私が有名だと思っている理由を伝える時がね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop