エレン・デジェネレス、自身のブランドがいよいよ発表に

エレン・デジェネレスは自身のブランドの出来栄えに満足しているようだ。『エレンの部屋』司会でお馴染みのエレンは、自身のライフスタイルブランドEDを来月発表する予定になっており、自信のある出来栄えであることからみんなに見せるのを待ちきれないと語っている。「このブランド全体は予想以上の出来栄えよ」「これは私のブランドなの。でも私は自慢することが出来るわ。だってこのブランドは他の人たちの協力によって達成できたものだから」

どのようなアイテムたちが販売されるかはまだ明らかになっていないものの、エレンはコレクションを特別なものにするようなクラシックなデザインに焦点を当てたと続ける。「他にはないアイテムね」「それがこのブランドの特別なところよ。1枚のシャツやセーターをちょっと違ったものにするには、細かいところへの気配りなの。全てのアイテムがカジュアルでもあり上品なものね」

しばしば番組ゲストたちの洋服の着丈が短すぎると辛口な意見を言うエレンは、このブランドが自身の好みだけでなくそんなゲストたちの衣装に影響を受けたものだとWWD.comに話す。「キム・カーダシアンは私の洋服を買わないでしょうね。もしかしたら買うかもしれないけど、買った後に着丈を短くしちゃうかも...。私がゲストたちの服が短すぎると言った時に反対したりする人は私のチームにはいなかったと思うし、それは問題の対象にもならなかったわね。座ったりするときに、より実用的なデザインよ。番組の中で多くの女優さんたちに会うけど、みんなステージに出てきて座った時に『あら、バックステージでは座っていなかったの。こんなに短いと思わなかったわ』なんていうのよ。彼らがステージに出てくる直前にスタイリストたちは彼女たちに服をきちんと着せるからね。だから女優さんたちは舞台に登場して座っても足を組むこともできないのよ。洋服は心地よく着ることが出来て、どんな風に座るかなんて気にする必要がないものであることが重要だと思うわ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop