レオナルド・ディカプリオ、チャリティーオークションで落札争い!

レオナルド・ディカプリオが18日(月)、チャリティーオークションの場でデザイナーズバッグを巡ってパリス・ヒルトンと落札争いを繰り広げた。現在リアーナとの交際が噂されているディカプリオは、カンヌのカールトン・ホテルで行われたチャリティー・イベント、ザ・ハート・ファンド・ガラに出席し、花柄が刺繍されたシャネルのネオプレンのハンドバッグを1万ユーロ(約135万円)で落札したそうだ。

ニューヨーク・ポスト紙のページ・シックス欄によると、ディカプリオはパリスほか2人の入札者と熾烈な争いを繰り広げて落札したこのバックを母イルメリン・インデンバーケンのために購入したという。また別の関係者はPEOPLE.comに対し「パリスは素晴らしかったです。色んなアイテムに入札していました、レオもですよ。オークション開催中、2人ともとても活発でしたね。見ていてとても気持ちのいいものでした」とコメントしている。

シャネルのバッグは勝ち取ったディカプリオだったが、世界中にホテルを展開するニッキ・ビーチ・リゾートで過ごす休暇を含む2つのオークションでは競りに負けたりもしていたようだ。

貧困に苦しむ子ども達の心臓病の治療などを目的としたこのチャリティへの募金はこの夜、正体不明のある寄付者からの500万ユーロ(約6億7000万円)を含め、合計で510万ユーロ(約6億8500万円)も集まったという。この収益はへき地に暮らす心臓病を患った子どもたちを自家用機を使って治療に訪れるための費用として使われるということだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop