エヴァ・ロンゴリア、フィットネス界での事業進出を視野

エヴァ・ロンゴリアは自身プロデュースのフィットネス帝国を作りたいと思っているようだ。『デスパレートな妻たち』でお馴染みのエヴァは現在、自身の番組制作やメキシコ料理店の経営に焦点を当てているところだが、ラテンアメリカ系の女性たち向けのダイエット&フィットネスDVDシリーズを制作したいと熱望しているそうだ。エヴァの親しい関係者は「エヴァはラテン系の女性たちには健康に対する知識が不足していると気づきました。だから彼女は自身のジェーン・フォンダ風ダイエットDVDと、自身のレストランであるベソのシェフたちと一緒に食と栄養についてのビデオを制作したいと考えているんです」と話す。

そんなエヴァはフィットネス業界に参入するために手助けをしてくれる企業を探している最中のようで、前述の関係者は米OK!誌にこう続けている。「ネットフリックスは既に支援を検討しているようです。エヴァはこれがお金を生むと見据えているようですね」

以前、あるインタビューの中でエヴァはエクササイズが自身の人生の中で大切なパートだと語っていた。「私はランナーなの。ジムは必要ないわ。どこでだって私は走りに行くのよ。オーストラリアにいたときも、ブダペストにいたときも、パリにいたときもそうしていたわ。オーストラリアにいたときは植物公園の周りを走りに行っていたし、パリにいたときはエッフェル塔のあたりを走っていたのよ。ブダペストにいたときはお城を横切りながら中世の香り漂うエリアを走っていたわ。ランニングはエクササイズにおいて最高の方法のひとつだし、旅行中に走るのって最高よ。だって走りながら観光も出来るし、朝7時にエッフェル塔の下に立ってるときなんて『これは良いわね』って感じだったわ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop