B.B.キングの娘たち、父は毒殺されたと主張

B.B.キングの娘たちは父親が他殺されたと主張している。「ブルース界の巨匠」として親しまれていたキングは今月ラスベガスの自宅で息を引き取っていたが、カレン・ウィリアムズとパティ・キングの娘2人が殺人を疑っているという。カレンとパティはキングのマネージャーであったラヴァーン・トニーとパーソナルアシスタントであったマイロン・ジョンソンが毒殺したとみており、その関連書類が提出されたことを2人の弁護士がAP通信に認めた。2人は「父は毒を盛られ、外国からの薬物を使用されたと信じています。父親は他殺されたのです」と声明を出している。

一方キングの遺産管理を担当するブレント・ブライソン弁護士は、その主張には「根拠がなく」、「失礼極まりない」と反論している。「彼女たちの抽象的で名誉棄損的な申し立てが事実をもとに出されていることを願います」

先週、キングはミシシッピのホームタウンに埋葬されることになると発表されていた。

先週末にはファンや祈りをささげる人々のために、棺を開けた状態で行う公開告別式が行われ、30日(土)にはプライベートの告別式が執り行われる予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop