ジャック・ホワイト、ザ・ホワイト・ストライプスの再結成を否定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャック・ホワイト(39)は連絡がつかない元妻メグ・ホワイトと共にザ・ホワイト・ストライプスを再結成することはないと発言した。1996年に結婚したジャックとメグは2000年に離婚した後もバンド活動自体はその後も続けていたが、2011年には遂に同デュオの解散を発表して音楽上でのパートナー関係も解消していた。そして、今となってはメグがジャックと会話を交わすこともない状況だそうで、2人の仲はさらに悪い方向に向かっているとジャックが認めた。

ネット上でのあるQ&Aセッションの中で再結成の可能性について質問を受けたジャックは、メグが「自身の電話を取らない」とし、「あの時代は終わった」と答えた。 

さらに、他のファンからロックの殿堂入りを果たした際には再結成する可能性があるかと質問が浴びせられた際には、「そうはならないと思うよ」とジャックはネガティブな反応を見せた。

パティ・スミスの息子でありギターリストのジャクソン・スミスと4年間の結婚生活の末に2013年に離婚を経験している元妻メグと連絡を取っている人物をもはや誰も知らないとジャックは話しており、メグがもともと多くを語るタイプではなかったと明かした。「メグと話をしている人を誰も知らないよ。彼女はいつも世間と距離を置いていたんだ」

2人が2011年にバンドの解散を発表した際、その理由が個人的なものや音楽性の違いではなく、「バンドの美しさや特別な部分をそのまま残したかったから」としていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop