ナオミ・キャンベル、誕生日パーティーのゲストから参加費を徴収!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナオミ・キャンベルが23日(土)に自身の誕生日パーティーに出席した一部のゲストに対し、参加費を取ったという。南仏ニースからほど近い15つの寝室を備えたお城、シャトー・サン・ジャネでレオナルド・ディカプリオ、ジジ・ハディッド、メアリー・J.ブライジ、ケンダル・ジェンナーら豪華なメンバーを迎えて45歳の誕生日を祝ったナオミだが、セレブのステータスを持たない招待客には最高1800ドル(約22万円)の参加費を徴収していたことが明らかになった。

ある内部関係者はニューヨーク・デイリー・ニュース紙のコンフィデンシャル欄に「ゲストリストに載るためにお金を払った人もいたようですよ...ナオミはカンヌ国際映画祭とアムファー(アメリカエイズ研究基金)に参加していた一流の人々から資金を徴収したかったようです」と話す。

誕生日パーティーは午後9時からスタートしたものの、セレブの出席率の低さとナオミ本人が午前零時まで登場しなかったことで、料金を払ってまで出席したVIPたちにとっては期待はずれだったようだ。前述の関係者は「ナオミが午前0時まで現れなかったので、たくさんの億万長者が少しガッカリしたみたいです。他の皆さんは午後9時から始めていましたからね」と続けた。

ナオミの代理人も一部のゲストに料金を取ったことを認めているが、その資金は自身のチャリティ「ファッション・フォー・リリーフ」への寄付金であったと説明している。「一部のゲストは、パーティーの参加に併せてナオミのチャリティ『ファッション・フォー・リリーフ』への寄付をするよう案内されていました」

そのパーティーでラズベリーとブラックベリーの誕生日ケーキでお祝いされたナオミは、その様子を捉えた写真をインスタグラムに投稿してその夜を素晴らしいものにしてくれた友人たちに感謝の意を表していた。壁一面にディスプレイされた自身が表紙を飾った雑誌群の前でヴェルサーチのシルバーのドレスに身を包んだ写真と共に、ナオミは「世界で最高の誕生日。この日を実現させてくれたみんな、ありがとう」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop