シェールがマーク・ジェイコブスの新しい顔に抜擢

歌手のシェール(69)がマーク・ジェイコブスの新しい顔に起用された。マークは27日(水)、シェールが2015年秋冬キャンペーンの広告塔を務めることをインスタグラムで発表した。今年のメット・ガラではマークと手をつないで登場していたシェールは、デヴィット・シムズ撮影による広告の中で椅子に腰掛けて長い黒髪を肩まで広げ、伝統的なアンサンブルにブラックレザーの手袋を合わせている。

マークはその広告イメージに「素晴らしくて美しいシェール!我々の秋冬キャンペーンはデヴィット・シムズによる撮影。これはまだ始まりであって....まだまだやってくるよ!」とキャプションを添えている。

そんなマークは過去にも大人の女性をモデルとして採用したことがあり、自身が手掛けた最後のルイ・ヴィトンのコレクションの顔にカトリーヌ・ドヌーヴ(71)を起用していた。ほかにもお騒がせシンガーのマイリー・サイラスやスパイス・ガールズからデザイナーへと転身したヴィクトリア・ベッカムなどがマークからモデル採用されている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop