受刑者が独房を食べる!?

自身の独房を食べ始めた受刑者がいるという。ピザ店での強盗罪により1年4か月前にシカゴ州クック郡刑務所に拘留されたこの17歳の受刑者は、ねじや釘、がびょうや皮の生地などを飲み込んだだけでなく、医療器具の一部を食べてしまったことさえあるそうだ。これによる体内への影響は大きく、この受刑者は24回も病院へと搬送されるはめになり、刑務所は100万ドル(約1億2400万円)以上の出費が生じたという。

同刑務所側は「今回の一件は犯罪者に対する司法制度における完全な失敗例の1つだと考えています...とても悲しく、もどかしいケースです」とコメントしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop