エミリア・クラーク、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』降板はヌードが多すぎたから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エミリア・クラークが『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』から降板した理由はヌードシーンが多すぎたからだと告白した。HBOの人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のデナーリス・ターガリエン役で知られるエミリアは、E・L・ジェイムズ著作のベストセラー小説映画化作品の中でアナスタシア・スティール役の候補としてあがっていたのだが、役者のイメージが固定化されてしまうことを恐れ、降板を決めたのだと語っている。「サム・テイラー=ジョンソン監督は素晴らしい人だから、一緒に仕事したかったわ。でもヌードのシーンが多すぎたのよ」「『ヌードには絶対にならないわ』とは言わないわ、だって私はヌードになったことがあるからね。でも役者のイメージが固定されてしまってそこから抜け出せなくなるんじゃないかって思ったのよ」

その一方で待望の新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』でサラ・コーナー役としてアーノルド・シュワルツェネッガーと共演しているエミリアは、同役に向けていつもよりも多くの準備を必要としたとマリ・クレール7月号のインタビューで続けている。「あの銃ってとてつもなく重たいの。ほとんどの撮影中、その重たい銃を持って走り回らなくちゃいけないから、男性たちについていくため、もしくはそれ以上の良い演技をするために準備が必要だったわ」「アーノルドに『とてもいいよ』と言わせるために何をするべきか知る必要があったわ。それが私の目標だったからね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop