クリス・パイン、『ワンダーウーマン』に出演か!?

クリス・パインが現在、『ワンダーウーマン』への出演交渉を行っているようだ。ワーナー・ブラザースは同新作映画の中でガル・ガドット演じるワンダーウーマンの恋人役としてクリスへ出演を打診しているところなのだ。クリスが現在交渉中のキャラクター、スティーブ・トレバーはアメリカ軍に従事する極秘に謀報活動をする人物で、第2次世界大戦中に操縦していた飛行機がワンダーウーマンの暮らす島、パラダイスアイランドに墜落してしまうという役どころとなっている。

以前、この役はすでにスコット・イーストウッドに決まったという噂が飛び交っていたのだが、スコットが『スーサイド・スクワッド』に出演を決めたことで、『モンスター上司2』に出演したクリスへ話が回ってきたとバラエティが伝えている。

先日には「創作性の相違」を理由にミシェル・マクラーレン監督が同作から降板したため、連続殺人犯アイリーン・ウォーノスを題材にした2003年度作『モンスター』の監督を務めたパティ・ジェンキンスが代わりにメガホンを取ることが決まったと報じられていた。マクラーレン監督の降板理由として当時ワーナー・ブラザースは次のようなコメントを発表している。「創作性の相違を受けて、ワーナー・ブラザースとミシェル・マクラーレンは『ワンダーウーマン』の製作と監督をこれ以上進めないことに決定しました」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop