カーラ・デルヴィーニュとケイト・モス、マンゴの新しい顔に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーラ・デルヴィーニュ(22)とケイト・モス(40)がスペイン発のブランド、マンゴの新しい顔を務めることになった。以前にもバーバリーの新作フレグランス「マイ・バーバリー」の広告ビジュアルに一緒に登場したことのある2人が、再びマンゴの2015年秋冬コレクション「#somethingincommon」のキャンペーンモデルで共演することになった。

カーラは今回のマンゴとの初タッグとケイトとの共演についてこう話している。「マンゴは最高。毎日何を着ようか考える時、クリエイティブになりたいの。マンゴは今のスタイルで遊ぶのに完璧なブランドよ」「マンゴと一緒に仕事させていただくのは今回が初めてで、共犯者がケイトなんて理想的よ!私達は破滅的なほどすごいコンビだからね」「ケイトを個人的にも仕事面でも敬愛しているし、彼女は本物のファッションアイコンの代表よ。ケイトから学び、この経験を共有することになるなんて光栄よ。撮影はずっと最高よ、ケイトがいるときはいつも楽しいの」

過去にもマンゴの顔として起用されたことのあるケイトだが、今回再びマンゴとタッグを組むことが楽しみであり、写真家のイネス・ヴァン・ラムスウィールドとヴィノード・マタディンが撮影の雰囲気を「完璧に」写真に捉えていたと称えた。「マンゴとまたタッグを組めるなんで素晴らしいわ。フレッシュで現代的なブランドだものね」「イネスとヴィノードは撮影時のエネルギーを完璧に写真に捉えていたわ。カーラと私は一緒にいるといつも楽しい感じで、それがこの広告からも見てとれると思うわ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop