ゼイン・マリク、1D脱退後は料理に夢中?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼイン・マリクはワン・ダイレクション脱退後、かなりの時間をキッチンで過ごしているという。3月に1D脱退を表明したゼインは、時間があるとお料理をしているのだと婚約者のペリー・エドワーズが明かしている。リトル・ミックスとして活動するペリーは「彼にもっと会えるようになったのは嬉しいわ。私たちはかなりの時間をキッチンで過ごすの。彼ってすごく料理が上手なのよ」と明かした。

そんなエピソードを語ったペリーだが、リトル・ミックスのニューシングル『ブラック・マジック』のリリースが控えているため、2013年に婚約したゼインと「完璧な」結婚式を計画する時間がないともザ・サン紙に明かしている。「結婚式がいつになるかは分からないわ。まだ計画はしているけど、私はいま『ブラック・マジック』がリリースされるからリトル・ミックスで忙しすぎるの」「私とゼインは完璧な結婚式にしたいから、私に時間が出来次第、計画するつもりよ。この夏になるとは思えないけど、またお知らせするわ!」

そんな中、ワン・ダイレクションのソングライターであるジェイミー・スコットは先日、ゼイン脱退の理由が純粋に疲れ果てたことにあるとしていた。ゼインが他のメンバーともいまだに良い関係を維持しているとするジェイミーは「ゼインはもう十分と感じたからやめたんだよ。4年間もツアーをしていたことがある?彼らは家になんて帰れなかったんだ」「5人全員がみんなツアーを望んで一緒に色々やりたいと思えるわけなんてないよ。だから遂にゼインはもう十分ってところまできてしまったのさ」「あれは『OK、俺はこのバンドにはもういたくない』っていうシンプルなものだったんだ。人間としての直感的なものさ。世間はもっとややこしくしようとしたり、秘密の理由があったことにしようとするけど、そんなシンプルな理由だったのさ」と語っている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop