エンリケ・イグレシアス、流血しながら30分もパフォーマンスを続行!

エンリケ・イグレシアス(40)が先月30日、ステージ上で流血する怪我を負ったものの、そのまま30分パフォーマンスを続行したという。メキシコのティフアナのブル・ファイト・リングにてコンサートを行っていたエンリケは、かねてから観客に異なる角度から自身を見せるために使用していたドローンを掴んだ際、2本の指に切り傷を負って白いTシャツが血で染まったものの、ショー中止のアドバイスをよそにその後30分にわたってパフォーマンスを続けたようだ。

エンリケの代理人ジョー・ボニーヤ氏はインスタグラムで「昨晩エンリケは、ワールドツアー『セックス・アンド・ラブ』の一環でメキシコのティフアナのブル・ファイト・リングで1万2000人以上を前にショーを行っていました。その途中で観客のショットを撮るためにドローンが使用されていて、時々エンリケはその瞬間の映像を観客に見せるためにそのドローンを掴みます」「何かの調子が悪く、エンリケに災難が起こりました。ステージの脇でスタッフによって流血を止めようと応急処置が施されました。パフォーマンスを中止するようエンリケは言われたようですが、続行することを決め、その後もずっと流血が止まらないながらも30分のパフォーマンスを行いました」とコメントしている。

さらに、ボニーヤ氏はファンからの「愛と気遣い」に感謝の意を表し、エンリケが公演の後に空港近くに待機していた救急車へと急ぎ、現在はロサンゼルスで専門家に診てもらっているところだと続けた。「エンリケは救急車が待機していた空港へと急ぎました。それから、エンリケは飛行機でロサンゼルスへと移動し、専門家にみてもらっているようです。新たな情報が入ってき次第、引き続きお知らせします。皆さんの愛とお気遣いに感謝いたします」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop