レディー・ガガ、妹のデザインしたドレスでパフォーマンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レディー・ガガが妹ナタリーのデザインしたドレスでパフォーマンスを披露した。その一風変わったスタイルと大胆な衣装で知られるガガは、先月30日にカリフォルニア州ハリウッド・ボウルでトニー・ベネットと共に行ったコンサートで何度も衣装替えを披露したが、その中でも妹ナタリーと衣装デザイナーのペリー・ミークが共同デザインした腰に大きなリボンの付いたピンクのドレスが一番のお気に入りだったそうだ。ガガはそのドレスの写真と共に「妹ナタリー・ジャーマノッタとペリー・ミークがデザインしたドレスを着て『ラ・ヴィ・アン・ローズ』を歌えるなんて、なんて嬉しいことかしら」とツイートした。

ガガはトニーと共に数々のジャズの名曲や2人のデュエット作『チーク・トゥ・チーク』の収録曲を披露したそのコンサートで、ほかにも数々のシークイン素材の衣装を着こなしており、その中でも『アイ・キャント・ギブ・ユー・エニシング・バット・ラブ』の際に着ていた透けた素材の赤のホルタードレスは特に観客の注目を集めた。そのセクシーなドレスについてガガは「トニー、ごめんなさいね」とジョークを飛ばしていたが、中盤ではトニーに対し「今夜はまさに夢のようだわ。ここに一緒にいてくれてありがとう、トニー」と感謝の意を表していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop