『13日の金曜日』のベッツィ・パルマー、88歳で死去

『13日の金曜日』出演者として知られるベッツィ・パルマー(88)が亡くなった。先月29日にベッツィがコネチカット州で老衰のため帰らぬ人となったことをベッツィのマネージャーが公表した。

ベッツィは60年にも及ぶ女優としてのキャリアの中で、1980年代の大人気ホラー映画シリーズ「13日の金曜日」で殺人鬼ジェイソンの母パメラ・ヴォーヒーズ役として回想シーンなどで度々登場していたほか、さまざまな映画や舞台でも活躍した。

実は当時、車を買うためにしぶしぶパメラ役を引き受けたというベッツィだが、最終的には同映画作品シリーズのコンベンションやTVドキュメンタリーシリーズにも積極的に参加していた。

『刑事コロンボ』『白バイ野郎ジョン&パンチ』『ジェシカおばさんの事件簿』など人気テレビドラマシリーズでも活躍したベッツィは『セイム・タイム・ネクスト・イヤー』『サボテンの花』などのブロードウェイミュージカルの舞台にも立っていた。

ベッツィは1954年から1971年にかけてヴィンセント・J・メレンディーノと結婚しており、娘メリッサ・メレンディーノがいる。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop