ヴィンス・ヴォーン、学校での銃所持を許可するべきと発言

ヴィンス・ヴォーンが学校内での銃乱射事件を避けるために銃の携帯を許可すべきだと発言した。ヴィンスは学校が乱射事件の標的となるのは、校内には銃がないと知っているためだと考えているという。「銃乱射事件を考えてみてくれよ。あれは銃が許可されていない場所でしか起きないじゃないか。こういう犯人たちは普通の考え方をしていないから、無実の人たちを殺すんだ。無防備な人たちを惨殺しようとするんだよ」「俺たちの全ての学校は構内に銃を持ち込むことが禁止されているから、犯人たちはそこに銃がないことを知っていて何度も何度もターゲットにするのさ。6歳児を殺すような怪物たちだからね」

公衆の場での銃携帯を支援するヴィンスはまた、銃を禁止することで犯罪を完全に除去することはできないとGQ誌に続けた。「俺たちはみな同じ権利を与えられるべきだよ。銃を禁止するというのは人が太るのを止めようとしているようなもんさ。銃やドラッグや酒を取り上げたところで、犯罪社会がなくなるわけじゃないんだ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop