ジェシカ・シンプソン母が自身の庭師と婚約!

ジェシカ・シンプソン母が自身の雇っていた庭師と婚約したそうだ。34年間の結婚生活を経て2012年にジェシカの父であるジョー・シンプソンと破局したティナ・シンプソンは、成功を収めている庭師ジョン・ゴールドスタインと2年間の交際を経て婚約したのだという。広報担当は「2年の交際を経てジョン・ゴールドスタインとティナ・シンプソンは婚約いたしました。2人はとても感激していてお互いに愛し合っています」とこのニュースを公表している。

またジョンに親しい関係者はUsウィークリー誌に対し「彼はとてもいい人ですよ。ティナのことをいつも気にかけています...。ジョンはシンプソン家と15年間もの知り合いですし、家族の1人のような存在なんです。ティナがプロポーズを受け入れてくれてジョンはとても幸せそうですよ!私は彼が長い間プロポーズの計画を練っていたことを知っていますからね」と話す。

ジェシカと妹で現在妊娠中のアシュリー・シンプソンも母親ティナが再び幸せを見つけたことにとても喜んでいるようで、前述の関係者は「娘たちも母親の幸せを喜んでいますよ」と付け加えていた。

ちなみに昨年7月、サンタバーバラ近郊のサン・イシドロ・ランチで行われたジェシカとエリック・ジョンソンの結婚式にもティナとジョンは連れだって参加していたそうだ。

ティナと元夫ジョーは2013年4月に離婚が成立しており、2人の広報担当者は当時「有効的な破局であり、第3者の関与があるわけではありません。他の証拠のない主張は全て誤った情報です」とコメントしていた。

ジョンも過去に結婚歴があり、昨年のジェシカの結婚式の数日後に離婚が成立している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop