ザ・1975、ニューアルバムをリリースへ

先日解散報道が出ていたザ・1975だが、ニューアルバムのリリースとツアー敢行を発表してその噂を一掃した。今週「俺らはもう行ってしまった」とツイートし、ソーシャルメディアのアカウントを次々に削除したことから、解散の噂がささやかれていた同バンドだったが、今回セカンドアルバムを制作中であるとフロントマンのマット・ヒーリーが復活したツイッターで発表した。「ザ ・1975は2作目のフルアルバムを制作中なんだ。そのアルバムは友人、アーティストとして 共有してきた最も想像をかき立て、やりがいのある時間の終わりを表現しているんだ」

同バンドは2013年にセルフタイトルのデビューアルバムでテイラー・スウィフトやセレーナ・ゴメスなどのセレブファンを獲得するなどポジティブな反応をえており、それが「新たな章」をスタートするきっかけになったとマットは続けている。「2013年にデビューアルバムをリリースしてから、こんなにもたくさんの人達と関わるなんて想像もしていなかったんだ。ザ・1975にとって新たな章の始まりさ。このニューアルバムは僕らにとっての新たな世界を表現しているんだ」

さらに、同バンドは今年11月に16日間のツアーを行うことを発表し、ツアーで「どでかいショー」をすることが楽しみだとコメントしている。「俺らはショーがしたいんだ。本物の共有体験をしたいし、今までできないと思っていたようなどでかいショーをしたいし、ファン、音楽、天気が完璧で人々がずっと語り継ぐようなフェスティバルでもプレイしたいし、正直でいたいんだ。そうでないと、一体何の意味があるっていうんだい?」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop