ジェームズ・ワン、『アクアマン』の監督に決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェームズ・ワンが『アクアマン』の監督を務めることになった。ワーナー・ブラザースはジェイソン・モモアがアトランティス王として出演するDCコミック最新映画にワン監督が参加することを発表した。ワーナー・ブラザースのグレッグ・シルバーマン会長は「映画版『アクアマン』は私達にとって大ヒット作品になるでしょうし、ジェームズの今までの仕事は彼がどんなプロジェクトにおいても素晴らしいクリエイティブな才能とユニークな提案を持って作品作りを行えるということを証明しています」とコメントしている。

故ポール・ウォーカーやヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソンらが出演した『ワイルド・スピード SKY MISSION』の興行成績を受けて、『アクアマン』の監督としてワンの名前は一番に挙がっていたという。この作品はアクアマンがアトランティス王としての座に就くことに気が進まない中、海底の市民たちが地上世界との戦争に向けて準備を進めるという姿が描かれる。

ちなみにジェイソンは『バットマンvスーパーマン:ドーン・オブ・ジャスティス』でアクアマンとして初登場することが決まっており、『ジャスティス・リーグ』2作品にも出演すると言われている。ジェイソンは以前、アクアマンとして合計4作品に出演する契約を交わしたことを明かしていた。「『ジャスティス・リーグ』が最初の作品になるってのは知ってるんだ。その作品が僕らが焦点を当てていくものになるんだな。でも『アクアマン』が『ジャスティス・リーグ』の先に撮影されるのか後になるのかは分からないんだ。あまり多くの事は知らないんだよ」「アクアマンがどこから来たのかって話になるんじゃないかな。おそらく彼の起源の話になると思うんだ」と語っていた。

『アクアマン』は2018年7月27日公開予定となっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop